『個人経営の飲食店を開業するには?飲食店を始めるには?』をテーマに書いているブログです。

 飲食店を開業するために必要な厨房機器、調理器具って、たくさんありますよね。

 これから初めて自分でお店を始めるという方は、初めて『厨房設備・厨房機器』を選ぶことになるのだと思います。

スポンサーリンク

 今までに選んだことのないものを、選んで、決めるというのは、なかなか大変な作業です。というか何を基準にして選んだらいいのかが分からないですよね。基準がないので悩んだところで、なるべく安いやつ・・・くらいしか・・・思いつかなかったりToT

 実際に選んでみて、使ってみて気が付いたこと、別の店の友人の話などから厨房機器を選ぶ時に気を付ける事、考えたい事などをこのカテゴリでは書いていきたいと思います。

 

 冷蔵庫、ガスレンジ、シンク、オーブンなどなど、それぞれを選ぶポイントは個々に書いていくことにしまして、今回は大まかに厨房機器をどうやって買うか?ということについて。

 別の所で書いていて重なる所もあるかもしれませんが・・・・大目にみてください^-^

 まず、居抜きの店舗を借りて、ほぼそのままの設備でいける場合は、万々歳!!です。買わなくていいですもんね!

 完全にスケルトンの状態から店舗を造る場合などで、店舗を手掛けている工務店などに頼むと、厨房の設備なども一緒に見積もりを立ててくれます

 店舗を手掛けている工務店なら、ある程度、動線も考えてくれますし、厨房設備の高さや奥行きを揃えてくれると思います。

 見積もりには厨房設備そのものの代金の他に、配送料、設置に掛かる費用、その他手数料のようなものが掛かってきます。

 全部まとめてやってくれるのでそれはそれで非常に助かります。どこで買うにしても配送料はかかりますし、ガスや水道が絡んでくる機器は業者さんにつないでもらわなければいけません。

 ただ、基本的に全部新品での手配になりますし、こちらから厨房設備の希望を言わなければ、なんとなく選ばれたものが設置される事になります。 

 そして、多くの場合ひとつひとつの機器はそれほど価格が安くはなっていないことも多いです。

 だからと言って「全部自分達で安く厨房機器を買ってくるから、設置だけして!」というのもなかなか言い辛いところです。

 が、ここは頑張りどころです。自分達で購入したものを設置してもらえるか?という相談をしてみましょう。冷蔵庫なんか、メーカーが変わるとかなり安くなったりしますからね^-^

 業務用の厨房機器は重量もありますし、設置がプロの業者さんじゃないとできないものも多いです。なので、厨房機器そのものを買う価格だけでなく、配送、設置まで考えて購入を決めたいですね。

 私が、厨房機器を購入する時にまず考えるのは、「中古厨房機器屋」です。

 中古の厨房機器とはいっても、使用年数が1年から3年という新しいものも多くありますし、多くの中古厨房機器屋さんでは、新品も取り扱っていて、分厚い厨房機器カタログから選んだものの見積もりを出してくれます。

 中古で良い状態のものを活用しつつ、新品の見積もりを取る、というのが私のお薦めです。

 まずは、インターネットで見てみましょう!もちろん近所に厨房機器屋さんがあれば、足を運んでみるといいと思います。

  業務用プロ道具市場