小さな飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。

 このブログでもたびたび書いていることですが、飲食店を開業する時に色々とそろえる厨房機器やら、調理器具は、まず中古品を見てみてはどうでしょう?というお話です。

 資金の豊富な方や、どうしても人が使ったものはイヤなのよね~という方には、無理にはお薦めしませんが、飲食店開業の初期投資を少しでも抑えるために、厨房機器のリサイクルを活用しましょう!

「USED調理機器・業務用厨房器具」

スポンサーリンク

 中古の厨房機器を活用する時に、ちょっとだけ気をつけなければいけないことがあります。

 厨房機器、調理器具の中で中古品は買ってはいけないものといいますか、あんまりお薦めできないものがあります。

 ひとつめは、冷蔵庫などモーターを使っているものです。縦型の冷蔵庫・冷凍庫、コールドテーブル、製氷機、ショウケースなどなどです。

 冷凍庫、冷蔵庫などは長い年月使っていると、壊れます。といいますか、頑丈な『業務用』といわれる厨房機器の中では比較的壊れやすいものなのです。

 なぜ壊れるのか?モーターの寿命や、ホコリや油による汚れなどいくつか要因がありますが、使用年数の長さに比例して調子が悪くなることが多いです。

 新品の冷蔵庫・冷凍庫には、1年くらいのメーカー補償がついていますし、販売店によってはもっと長い補償がついていることもあります。

 なので、よっぽど使用期間の短いもので、中古品でも販売店の補償がついているものでなければ、新品をお薦めします^-^

 私は中古品を買ったわけではないのですが、居抜きでもともとあった冷蔵庫が調子悪くなったので、修理業者に見てもらったことがあります。

 全部調子よく戻すのにかかる費用が25万円って言われました。

 ”新品買って、お釣りが来るっつーの!”

 そしてもう一つが、です。火にかける鍋はぱっと見では分かりにくい亀裂が入っていたりすることがあります。業務用の大きな寸胴なんかは結構お高いですからね~中古でもそこそこのお値段がついています。そこそこのお値段の中古品が漏れたりしたら目も当てられません!!

 許されるなら、水を入れさせてもらったりして、しっかりチェックしてから買うといいかもしれません。

なんてことに注意して上手にリサイクル品を使っていきましょう^-^

「USED調理機器・業務用厨房器具」

「業務用プロ道具市場」もかなり使えます!