個人経営の小さな飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログの「店舗付住宅(店舗併用住宅)」編です。

 店舗付住宅を建てるときに掛かる様々な諸費用。今回は「住宅ローン代行手数料」について調べてみました。「住宅ローン斡旋(あっせん)料」と呼ぶこともあるようです。

 この「住宅ローン代行手数料」というのは、何かといいますと、不動産屋などが住宅ローンを組む本人の代わりに金融機関へ必要書類を集めて住宅ローンの申請をしてくれることへの代金です。

(ローンを組むときに金融機関に払う「ローン手数料」とは違います)

スポンサーリンク

 してくれる、とは言ってもたいしたことでは無いようです。自分でもできます。住宅ローンを組む金融機関に必要な書類を用意して提出するだけのことみたいです。

 この「住宅ローン代行手数料」は数万円~10万円くらいが一般的で、代行手数料を取らないところもあります。ひどいところは、30万円以上を取るところもあるようで、そういった不動産屋から買うのは嫌ですよね~。

 何の説明もなしに「銀行の住宅ローンはうちがやりますから!」と不動産屋に言われたら、銀行で融資をしてもらうことに慣れていない普通の人なら「じゃあ・・お願いします」って言っちゃいますよね。

 で、後で請求書の明細見たら「住宅ローン代行手数料 ウン万円」なんてのが載ってたり・・・ということもざらにあるみたいです。

 ローンが降りるかどうかは、この不況下では不動産屋の顔が利くということは考えにくいです。金融機関はローンを組む人の返済能力を見て融資するかどうかを決めます。当たり前ですが。

 ですが、自分が組みたい額の住宅ローンを組めるかどうか微妙で、いくつもの金融機関に当たってみなければいけないような場合など、金融機関に何度も足を運んでローンの申請をすることは、なかなか大変です。その手間を代行してもらうと考え、事前に「住宅ローン代行手数料」の金額を納得した上でお願いするのであれば、いいのかもしれませんね。

 ちなみに私が前に会った不動産屋は31500円(3万円と消費税)と言っていました。まあ、これも私が「ローンの申請を(私の代わりに)しに行くのってお金かかったりするんですか?」と訊いたから返ってきた答えなんですけどね・・・ToT

 「住宅ローン代行手数料」を取っていない不動産屋もたくさんあるようなので、そういう不動産屋から買いたいですよね~。とは言っても、店舗付住宅にしても普通の住宅にしても、土地とか建物とか物件の魅力で選びますよね。不動産屋は選んだ物件についてくるんですもんね~^-^