飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。「店舗付住宅・店舗併用住宅」編です。

 店舗付住宅を建てるために物件を色々と見ていると、「建築条件付」とか「建築条件あり」または「建築条件なし」とかって書いてある土地をよ良く見ます。

 この「建築条件付」とは、どういうこと?と思い調べてみました。

 建築条件付とは、その土地を購入するとそこに建物をたてる業者を指定されるんです。

 要するに「ここの土地にはこの業者さんが建物を建てるよ」という条件付の土地のことです。

  その業者さんに店舗付住宅を建ててもらえばいいのですが、この建築条件付の土地は、建てる建物がほとんど決まっているようです。一般的な住宅です。

 いわゆる建売(たてうり)とよばれる、すでにできている住宅を買うのとそう大差はない住宅が建てられます。

 建築条件付は建売(たてうり)に対して売建(うりたて)と呼ばれたりもするようです。

 なので、自由に設計した店舗付住宅を建てられるかというと難しいみたいです。

 もちろん全部が全部自由な設計ができないというわけではないかもしれませんが、人生で一番高い買い物の住宅(店舗付き住宅)を建てる業者を自分で選べないのは、うーん、どうなんでしょうね~?

 でも、建築条件付の土地って結構たくさんあるんですよね・・・。