小さな飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。「店舗付住宅・店舗併用住宅」編です。

 今回は『ローコスト』ということについて考えてみることにします。まあ、住宅でも店舗付住宅でも、そりゃー安いに越したことはありませんよね?

 特に庶民以下の収入の私にとっては、非常に大事なことです!安く建てる!ってことは。

スポンサーリンク

 とりあえず、ローコスト住宅などと呼ばれるものは、一体どんなものなのか?と思い、調べてみました。

 一般的に、『ローコスト住宅』と大々的に宣伝しているようなものは、いわゆる建売であったり、売建であったりして、坪単価●十万でっせ~!とにかく安く住宅を手に入れられまっせ~!

というようなことを広告として出しています。

 でも、普通に考えて、いい材料で、広くて、間取りもお洒落にして、かっこいい装飾も施して・・・・と自分の希望をすべて叶えて、「安く建てる」と言うのは無理ですよね・・・。

 ローコストで住宅や店舗付住宅を建てる、ということを調べてみて多くの方が言っていたことは、「何を優先して、何を我慢するのか」をしっかり見極めることみたいです。

 安く建てる為だけに、何もかもを削ってなるべく安く建てる、ということではなくて必要なものにお金をかけるために、我慢が出来る部分を削って、最終的に、自分の予算の中で良かったと思える建物が建った!と言うのが、本当のローコストなんですね。

 言われてみれば、当たり前のことなんですけど、これはすごく大事なことだな~と思いました。

 これから店舗付住宅を建てるうえで、これをしっかり考えていかないと、『安くして~安くして~』と言ってるだけでは、店舗付住宅を建てる側の人もいい気はしませんし、手抜き工事にもなりかねません。

 安いほうがいいけれど、安いだけでは、納得の行く店舗付住宅は手に入らないということです!!

 思いっきり、自分に言い聞かせてますToT