個人経営の小さな飲食店を開業するにはというテーマで書いているブログです。

 今回は飲食店に限らずですが、お店の名前や会社の名前など、「名前を付ける」ということについて考えてみました。

 お店の名前を考えるのって楽しいですよね~。私も自分のお店の名前を考えているときはすごく楽しかったのを思い出します。こんな名前にしようとか、あんな名前にしようとか、あっ!この名前も捨てがたいな~^-^

 ですが、いざ「名前を決定する」という段になってすごく悩みました・・・。飲食店のお店の名前とか会社の名前って、ころころ変えられません。

スポンサーリンク

 自転車やタイヤなんかを作っている「ブリッジストーン」という有名な会社があります。これは石橋さんという方の会社で、石(stoneストーン)、橋(bridgeブリッジ)をひっくり返したものです。ストーンブリッジじゃ、ストーンと落ちる感じがしちゃうのでひっくり返したそうです^-^

 そしてサントリー。ウイスキーやビールを作っている会社ですね。サントリーのトリーは「鳥居」さんのトリーなんです。日本の苗字からとはなかなか思わないネーミングですね~。

 サンは何かといいますと、当時サントリーの主力商品だった「赤玉ポートワイン」というのがありまして(今でもあると思いますが)、その赤玉と言うのは太陽、つまりサン(SUN)から来ています。

 こういう名前の由来というのは面白いですね!

 もうずいぶん前に確かラジオだったと思いますが「スーパースターになる3つの条件」というのを聞きました。

 スーパースターになる条件のその1は「実力」。まあこれは当然です。ゴルファーであれ、歌手であれ、これがなければお話になりません。

 そしてその2は「容姿」。うーん、これもいた仕方ないところかもしれません。何せ「スーパースター」ですから・・・。何年も賞金女王であったとしても・・・?

 最後に「覚えやすい名前」。これってあんまり意識しない事かもしれませんが結構大事かもしれない、と思いました。タイガーウッズしかりマイケルジャクソン、マドンナ、藍ちゃん、遼くん、真央ちゃん・・・・。

 飲食店の名前を考えるときに「覚えやすい名前」というのも一つの要素になると思います。

 お店の名前が長くて覚え辛い名前だとしたら、美味しかったんだけど人に教えるときに「んー、何とかって名前だったんだけど・・・」となってしまうかもしれませんよね。

 名前さえ分かればネットで調べられる時代ですから。

スポンサーリンク



 ネットと言えば、自分が付けようとしているお店の名前を一度インターネットで検索してみるのもいいかもしれません。意外と同じ名前のお店がたくさんあるかも知れません。

 同じ名前がたくさんあるとか、覚えにくい名前だとしても、自分の思い入れがあればそれでもいい!とも思います。

 私のお店の名前も色々調べて、たくさん考えて決めました。でももしかすると、お店の名前って、お客さんの側からすると「思い入れ」とかってあんまり関係ないのかもしれません。

 お店の名前は浸透すると、単なる”呼び名”なのかな~。

 

 だって「マツモトキヨシ」と聞いて「人の名前」と思う人の方が少ないですよね^-^