飲食店を開業するにはをテーマに書いています。「店舗付住宅・店舗併用住宅」編です。

 今回の、店舗付住宅を建てるための用語は「セットバック」です。

 不動産屋の店舗に貼ってあったり、インターネットで見ることができる土地とかの図面に書いてあるセットバックという言葉はなんだ?と思い調べました。

 セットバックはSBとも書かれていたりします。

 建築基準法とやらで建物を建てる土地が面している道路は4m以上の幅がないと駄目なんだそうです。

 で、その土地の前の道路が4mの幅がない場合、どうするか?

 道路の幅が4mになるように、その土地の敷地境界線を後退させます

敷地の一部を事実上道路にするということです。これがセットバックです。

 セットバック部分は、土地の所有権はあるのですが、塀や門扉はもちろん花壇なども作れません。まったく使うことのできない土地ということになります。

 もちろん、建ぺい率や、容積率などを算出する面積にも入れることができないので、建てられる建物の大きさもセットバックの部分の分小さくなってしまうんです。

 広い土地なら「あ~そ~~」で済むのですが、予定していた店舗付き住宅がギリギリ建てられる広さしかない土地だと「このSBって何だろーね?カレー粉か?」などと思っていたら大変な事になってしまいますね^-^

 いやいや、セットバック恐るべし・・・。