個人経営の小さな飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。「店舗付住宅店舗併用住宅編」です。

 店舗付住宅もそうですし、普通の住宅でもそうなんですが、土地とか建物を購入すると、土地、建物の価格以外に『諸費用』という物が掛かるんです。。。

スポンサーリンク

 この諸費用には具体的にどんなものがあるのか?を調べてみました。ざっとあげると、

印紙税

不動産取得税

固定資産税、都市計画税

登記費用(登録免許税)

火災保険料・家財保険料

地震保険料

住宅ローン代行手数料

ローン手数料

保証料

団体信用生命保険料

地盤調査費用

建築確認申請費用

先行配管費用(水道分担金)

仲介手数料

引越し費用

地鎮祭費

上棟式費

店舗の設備購入費

 いやいやいやいや・・・・・・・、店舗付住宅を建てる土地の値段と、その土地に建てる建物の値段の他に、こんなにたくさんの費用が掛かるんです!!(中にはケースによって掛からない費用もあります)

 店舗付住宅の土地、建物の金額からすれば諸費用は大きな額ではないのでしょうが、それでも百万単位ですから、ここはしっかり理解して節約できるところは節約したいです。

 「税金」には「軽減措置」と言うのがあって、手続きをすれば少し安くなるみたいです!

 とりあえず、一個ずつ調べて行きたいと思います^^