売上(うりあげ)から経費(けいひ)を差し引いたものが所得(しょとく)です。

 一般的には、「収入が多い」と「所得が多い」は同じ意味っぽいですが、税金の計算をするときには、収入という言葉は、入ってきたお金のことを指すので、収入=売上となります。

 

  売上(収入)  ー  経費  =  所得

なんですね。

 飲食店などの個人事業主にとっては、「所得」がいわゆる「儲け」になるので、収入がいくら多くなっても、経費がいっぱいだとそんなに儲かってないってことになるんですね~。

 ちなみに確定申告で計算して払おうとしている税金は「所得税」です。「所得」にかかる税金だから「所得税」なんです。

 実際には、所得から諸々の控除(こうじょ)を引いたものに税金がかかります。