出資とは、融資とは違い、返す必要のない資金のこと。

 なのですが、個人経営の小さな飲食店で開業する場合、出資と言う選択肢は無いと言ってもいいでしょう。

 出資と言うのは会社や法人の一部、もしくは全部の所有者になってもらう、と言うことなんです。

 当然、出資者が会社や法人の所有者と言うことになるので、お金は返さなくていいのですが、経営に口を出してきます

 もちろん、出資する側もただお金を出すだけではありません。会社が大きくなったときには、株や、会社自体を売却するなどして利益を得ます。

 個人経営の小さな飲食店には関係無さそうですよね^^

 返さなくて良い資金と言うと、地方自治体(都道府県や市町村)では地域活性化のために補助金助成金といった独立支援金がある自治体も多いので、飲食店の開業資金調達を考えるときには、是非調べてみてください。

融資とは?