飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。

 このカテゴリでは「店舗付住宅」を手に入れたい!貸店舗の家賃はもう払いたくない!と思い、店舗付住宅を手に入れるには?を書いています。

 個人経営の小さな飲食店を営む店舗と、住むための住宅の二つを合わせ持った店舗付住宅ですが、基本的には普通の住宅を手に入れることと考えなければいけないことはそう大きくは違わないようです。

スポンサーリンク

 店舗付住宅を手に入れるには、ひとつは土地を買って、そこに店舗付住宅を建てる。そして、もうひとつは中古物件をリフォームする。大きく分けるとこのどちらかになると思われます。

 運よく店舗付住宅の中古物件が、良い条件で見つかれば儲け物ですが、店舗付住宅の数自体が少ないので、それはなかなか難しいようです。

 なので新築で建てるのでなければ、普通の中古住宅をリフォームする、増築するなどして店舗付住宅に改装する、ということになります。

 リフォームだと、ベースの建物があるのである程度設計に制約ができてしまうことと、配管など、目に見えないところの痛みが心配です。

 土地を購入して、新築で「店舗付住宅を建てる」の方が自由に設計できて、良さそうです。でも、新築で店舗付住宅を建てるほうが、同じ規模ならお金はかかりそうですね~。

 有り余る資金があるのであれば、好きな場所の土地をババーンと買って、がっつり素敵な店舗付住宅を建てる!でいいのですが、そうは行かないので、新築も中古のリフォームも考えつつ、店舗付住宅を手に入れるには?を考えていきたいと思います。