飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。「店舗付住宅・店舗併用住宅」編です。

 今回の店舗付住宅を建てるための用語は容積率です。容積率は「ようせきりつ」と読みます。

 容積率とは、建物の延べ面積の土地の面積に対する割合のことです。

 言葉にするとちょっと分かり辛いですね・・・。

  たとえば、広さ100㎡容積率が80%の土地に2階建ての建物を建てるとします。

 100㎡の80%なので、80㎡の延べ面積ということになります。1階と2階の面積をあわせて80㎡までの建物しか建ててはいけない、ということなんですね。

 この容積率は、60%~200%くらいと、その地域によってかなり幅が広いです。

 容積率には、他にも、面している道路の幅による限度や、緩和条件など、その土地によっては制限のようなものもあるのですが、とりあえず、土地の面積に対して建てられる建物の延べ面積の割合ということで理解しておくことにします。

 その土地に建てられる店舗付住宅の大きさは、この「容積率」建ぺい率によって決まってくるんですね。