小さな飲食店を開業するにはをテーマに書いているブログです。

 インターネットがこれだけ普及した現在でも、コンビニや本屋さんにはたくさんの雑誌やガイドブックが売られていて、たくさんの食べ物屋さんが紹介されていますよね。

 パン屋さんにケーキ屋さん、フレンチにイタリアン、すし屋にラーメン屋、蕎麦屋にお好み焼き屋・・・・まあ世の中には、こんなにたくさんの飲食店があるんだな~などと思ってしまうほどです^-^

スポンサーリンク

 こういった雑誌やガイドブックは、掲載するお店を探している事も多く、素敵なお店で、割と人が集まるような立地(代官山とか吉祥寺とか)だったりすると、向こうから掲載させてください!とお願いされる事もあります。

 が、しかし、私のお店のような、田舎でひっそりと地元のお客さんを相手に商売をしているような飲食店には、そういったお声がかかることは少ないです。

 その代わりといってはなんですが、本当によく『有料』の広告掲載の電話などが掛かってきます。

 「○○という本を作っているのですが、そちらのお店が素敵だな~と思いまして、是非取材をさせて頂きたいのですが・・・」

という電話が掛かってきて、

 「芸能人の○○さんがそちらに取材に伺いますので・・・ナンチャラカンチャラ・・・」

と色々説明されます。こっちも載せてくれると助かるので、フムフムと聞いていると、一番最後に

 「掲載料が10万円ほど掛かりまして・・・」

だってさToT

 10万円が高いかどうかは、お店の規模や、その本の売れ行きなどにもよりますが、こういった人をだますような営業は嫌ですよね。

 といいますか、こういった営業の仕方をする本は、実際あまり売れていなかったり、広告としての力が無かったりします。

 つい最近のことですが、初めてちゃんとした「営業の電話」がかかってきました^-^

 「○○というガイドブックを製作しています。掲載費3万円からという有料のガイドブックなのですが、掲載をご検討いただけないかと思いまして・・・」

 有料である事をちゃんと先に説明していて好感が持てるとは思ったのですが、広告を出す予定は無かったので断ろうと思っていたら、

 「当社で作っているガイドブックを送らせて頂いてもよろしいでしょうか?」

 掲載は考えていないということは伝えたのですが、その本もちょっと見てみたかったので、じゃあ送ってください。ということになりました。

 後日、送られてきたガイドブックは、一つの地域地域の飲食店ばかりを集めていて、ガイドブックとしてちょうどいいサイズで(A5 持ち歩きやすいサイズで写真もよく分かるサイズ)、しかも一冊500円

 掲載ページのサイズ、料金などの説明もしっかりされていて、発行部数も書かれていました。

 このガイドブックの「どこにお金がかかるのか?」がよく分かりました。ガイドブックを真面目に作って、しっかり売っていこうというものだということが伝わりました。

 こういう本なら、お金を出して掲載してもらってもいいかな?と思いますよね。

 世の中には、多額の掲載料を集めるだけ集めて、たいして売れない本もあるんです。というか売れなくていいんです。掲載料ですでに黒字なんですから・・・・こんな本に広告出したら最悪ですよね。

 お金を出して掲載してもらうなら、どんな雑誌(本)なのか、費用対効果はどうなのか、ということを納得して載せてもらいたいですね。