飲食店のホームページ

 飲み会の居酒屋、ランチのカフェ、デートに使うレストランやバーはもちろん、旅行先でのごはん処や出張先での一人飯まで、飲食店はありとあらゆる場面でスマートフォンで検索されていますよね。

 飲食店にとってホームページやブログ、SNSなどのインターネットを使っての集客は、もはや欠かせないものになりました。

 そーは言っても、ホームページブログTwitterFacebookInstagramぐるナビ食べログ、、、、

 色々ありすぎて、もう何をどうすればいいのっ!?ってことから、初心者が自分でできる飲食店のホームページの作り方までをまとめました。

スポンサーリンク

飲食店のホームページとブログとFacebookって何が違うの?

飲食店のホームページとは

 結論から言いますと”飲食店のホームページ”は、お店にまだ来たことのない人、これから初めてお店に訪れる人に”うちはこんな料理を出してまっせー”、”月曜日は休みでっせー”、”ランチは12時からでっせ”という基本情報を伝えるためのものです。

 それに対してブログやFacebookのようなSNSは、お店に来たことがある人、お店のファンに向けて”こんな新作できたで~”、”こんな素材が入ったで〜”などのお店の魅力を発信するものです。

 もちろん、知らないお店をブログやFacebookで知ることはよくあります。

 ブログやSNSで初めて知ったお店にいざ行こうと思ったら”定休日はいつ”、”どんなメニューがあるんだろ”、”何時からやってるんだろ”、”いくらぐらいなのかな”、”子供連れは大丈夫かな”、”禁煙かな”、”個室はあるのかな”などなどお店の情報を調べると思います。

 ここで登場するのが飲食店のホームページです。

 飲食店に初めて来る人に必要な情報を整理して「見やすく」「分かりやすく」伝えることができるのがホームページです。

飲食店のFacebook(SNS)とは

 Facebookを始めとするSNSは、さっきも書いたように”お店の魅力を発信”することに向いています。新しいメニューや新鮮な食材、珍しいお酒のことなど飲食店の魅力やイベントのお知らせなどを発信するためのものです。

 そしてSNSの最大の特徴は”拡散のしやすさ”です。魅力的な発信は、いいね!やシェアで拡散されて、より多くの人にお店のことを知ってもらうことができます。

 FacebookなどのSNSは登録するだけですぐに使えるので、お手軽です。なので多くの飲食店では、SNSを使って情報発信をして拡散してもらって、新しいお客さんにお店を知ってもらうことに使っています。

 SNSはもちろん使ったほうがいいと思います。

 けれども、SNSはお店の基本情報、メニュー、雰囲気などを「見やすく」「分かりやすく」伝えることには向いていないのです。

 お店の基本情報もSNS内に載せておけばホームページはいらんやろ、と思う方もいるかもしれません。ですが、知りたい情報にすぐにたどりつけなければ、人はわざわざ「一生懸命探したり」「お店に電話をかけたり」してくれないのです。多くの人が他のお店に行ってしまいます。

飲食店のブログとは

 もともと飲食店のブログは、今のSNSのような役割として使われてきたのですが、より拡散力のあるSNSにその座を奪われてしまいました。

 確かにちょっとしたお知らせにはSNSが便利ですし、頑張ってブログを更新してもアクセスも伸びず、続けて行くモチベーションが上がらないということもあるかもしれません。

 ですが、僕自身、これまで書き綴ってきたお店のブログは今ではひと月10万PV(ひと月で僕のブログが10万ページ見られていますよということです)を超えています。

 ブログの大きな特徴は、ホームページやSNSではできない検索エンジンからの集客ができることです。

 何を書いていいのかわからない。続けるのが難しい。だからこそ、やっている人だけ、続けている人だけがその恩恵をうけることができるのです。

 そして、ホームページを作れば、その中でブログを簡単に始めることもできます。

ぐるナビ、食べログでいいんじゃね?

 ぐるナビ、食べログでお店のページを作ればいいんじゃね?

 僕のお店も、ぐるなびに有料でお店のページを作っていましたし、他のお店で働いている時にはぐるなびにも食べログにも有料のページを作っていました。

 たしかにぐるナビや食べログといった飲食店専門のグルメサイトに自分のお店のページを作れば、多少はそれを見て来店してくれるお客さんはいます。

 これは個人的な意見になりますが、初期費用と月々の運用料金を考えると、その金額ほどの集客ができているのか、というと「?」です。

 ぐるなびにしても、食べログにしても利用者数はゆるやかに下降していっています。効果はゼロではないので、お金に余裕があるなら、どちらにも安いプランで出しておいてもいいかもしれません。

ですが、個人経営の小さなお店にとっては、月々1万円でも、大事なお金です。月々1000円でもっと素敵なホームページができるのですから。

 

スポンサーリンク


飲食店のホームページを作るいくつかの方法


 ここまで、ホームページとブログ、SNSの違い、得なこと不得意なことについて書いてきました。

 ”飲食店のホームページ”と”SNSやぐるナビ、食べログ”との大きな違いにデザインがあります。SNSやぐるナビ、食べログは、みんな同じデザインです。素敵なお店も、そうでないお店もみんな一緒。

 最初にお店を見つけたのがSNS、ぐるなび、食べログだったとしても、僕はお店が作ったホームページを見ます。お店のホームページは、飲食店の内装、カトラリー、グラスやうつわ、BGMと同じようにお店のカラー、雰囲気があらわれるものです。

 そんな素敵な飲食店のホームページを作るにはいくつかの方法があります

ホームページの制作会社に頼んで作ってもらう
ホームページが作れる友人、知人に作ってもらう
自分でホームページを作成する
ホームページ作成サービスを利用する

ホームページ制作会社にHPを作ってもらう

 ホームページの作成会社に作ってもらう、というのは結構なお金がかかります。個人の小さな飲食店の場合、それほどのお金をかけてホームページを作る必要性も無いかもしれませんが、これはこれで、いい制作会社さんに当たれば、それなりの効果が見込めるかもしれません。

 そうは言っても、ぐるなびや食べログにページを作るくらいの値段ではできません。値段はピンきりですが、ホームページを作ってもらうだけで十数万円〜数十万円。月々の管理費として数万円くらいかかります。

ホームページが作れる友人、知人にHPを作ってもらう

 ホームページを作れる友人、知人に作ってもらう。は安く作ってもらうという意味ではとてもいいです。友人のホームページ作成の技術が高ければ、是非お願いしたいところです。

 ほんとに親身になって作ってくれる友人や身内がいればこれが言うことなしです。でも、ふつーのお友達、お知り合いレベルの人にホームページを安く作ってもらっていると、ちまちまメニューを書き換えてもらったり、臨時休業のお知らせをいれてもらったり、ということをお願いするのはわりと気を使います。

 そんで、気を使って言ってはみたものの全然、変更されなかったりということも。

自分で自力でホームページを作る

 自分でホームページを作る。は今の時点でHTML,CSS,PHPなどが理解できるのであれば、もちろん自分で作るも選択できます。が、全く知識のないところから作るとなると、結構というかかなり大変です。

ホームページ作成サービスでHPを作る

 ホームページにお金がかけられる、HPを作ってくれる友人がいる、自分でホームページを作れる、という人以外はホームページ作成サービスを使ってお店のHPを作るのが簡単で費用的にもおすすめです。

 「ホームページ作成サービス」というのは、難しい知識がなくても簡単に綺麗で素敵なホームページが作れるサービスのことです。

 ホームページ作成サービスにはいくつか種類があるのですが、その多くが外国生まれのもので、色々な機能が付き過ぎていいるぶん複雑です。

 日本発のホームページサービス”グーペ”は、素敵なホームページを作る機能は十分に備えながら、”初心者でも分かりやすくホームページが作れる”ことに一番こだわっているサービスです。ブログ感覚でホームページが作れちゃいます

 月々1000円(税別)という費用対効果もとてもいいです。15日間は無料で使えるので、まずは使ってみるでも。

 飲食店をはじめ、美容室や、雑貨屋さんなど、小さなお店のホームページの作り方についてのサイトを作りました。もっと、詳しく、ホームページの作り方、活用の仕方などなどについて書いていますので、参考にしてください。

飲食店とか小さなお店、個人事業主のホームページの作り方