飲食店の名前の付け方
 個人経営の小さな飲食店を開業するにはというテーマで書いています。

 今回は開業する飲食店の「名前を付け方」ついて。お店の名前を考えるのって楽しいですよね。私も自分のお店の名前を考えているときは、こんな名前にしようとか、あんな名前にしようとかすごく楽しかったです。

 ですが、いざ「名前を決定する」という段になってすごく悩みました・・・。お店の名前って、一度付けてしまうところころ変えられません。

 自転車やタイヤなんかを作っている「ブリッジストーン」という有名な会社があります。これは石橋さんという方の会社で、石(stoneストーン)、橋(bridgeブリッジ)をひっくり返したものです。ストーンブリッジじゃ、ストーンと落ちる感じがしちゃうのでひっくり返したそうです。

 サントリー。ウイスキーやビールを作っている会社ですね。サントリーのトリーは「鳥居」さんのトリーなんです。日本の苗字からとはなかなか思わないネーミングですね~。サンは何かといいますと、当時サントリーの主力商品だった「赤玉ポートワイン」というのがありまして(今でもあると思いますが)、その赤玉と言うのは太陽、つまりサン(SUN)から来ています。

 こういう名前の由来というのは面白いです。

スポンサーリンク


ショルダーネームを考える

 ショルダーネームというのは、お店の名前の前につける業態を表す(ことが多い)名前のことです。

 居酒屋・割烹・ダイニングキッチン・ダイニング&カフェ・イタリアンレストラン・創作和食レストラン・ドイツワインバー・炭火焼肉などがショルダーネームに当たります。ショルダーネームは何屋さんなのかがお客さんに伝わりやすい、分かりやすいものにするのが基本です。ダイニング&カフェと付いていたら、”お茶だけでも入れるお店”とお客さんは認識します。

 業態以外にもお店の特徴を表すショルダーネームもあります。ショルダーネームは勝手に作って付けてもお客さんに伝わればOKです。例えばこんな感じです。

和食系個室居酒屋 産地直送居酒屋 琉球ダイニング にく居酒屋 創作割烹 比内地鶏専門居酒屋 日本酒バル タイ居酒屋
洋食系松阪牛ダイニング ベルギービールカフェ 完全個室ダイニング イタリアンバル 石焼オムライスダイニング オールデイダイニング 魚介ビストロ GRILL&BAR DINING

スポンサーリンク


お店の名前を考える

スーパースターになる3つの条件」というのがあります。

 スーパースターになる条件のその1は「実力」。まあこれは当然です。ゴルファーであれ、歌手であれ、これがなければお話になりません。
 そしてその2は「容姿」。うーん、これもいた仕方ないところかもしれません。何せ「スーパースター」ですから・・・。
 最後に「覚えやすい名前」。これってあんまり意識しない事かもしれませんが結構大事です。

 飲食店の名前を考えるときにも「覚えやすい名前」というのは大事な要素になります。お店の名前が長くて覚え辛い名前だとしたら、美味しかったんだけど人に教えるときに「んー、何とかって名前だったんだけど・・・」となってしまうかもしれません。

 名前さえ分かればネットで調べられるのですから、覚えやすい名前はとても大事です。

 自分が付けようとしているお店の名前を一度インターネットで検索してみてください。同じ地域に同じ名前のお店がある場合は、ちょっと考え直したほうがいいかもしれませんね。

お店のロゴを考える

 名前ではありませんが、お店のロゴ(文字)やロゴマーク(イラスト的な)があると、お客さんの記憶に残りやすくなります。オリジナルのロゴやロゴマークをショップカードや看板、メニュー、ホームページなどに入れることで、お客さんも親しみやすくなりますし、お店の印象もプロっぽくなります。

 ロゴマークを自分たちで考えて作るのも楽しいものですが、自分では作れない!という人もイメージを伝えることでロゴマークを作ることができます。

 個人経営の飲食店を開業するにはをテーマに書いています。今回はお店のロゴといいますか、マークのお話です。飲食店のロゴマークを考える  飲食店を開業する前にお店