飲食店の経理

 飲食店の開業をするときに「経理」を気にする人も多いと思います。

 飲食店の経理って何をするの?確定申告って何?確定申告って自分でできるの?会計士とか税理士とかに頼むの?について書いています。

スポンサーリンク


経理って何?確定申告のこと?

 小さな飲食店の経理は複雑ではありません。「お客さんから提供した料理や飲物の代金を受け取った」「料理を作るための材料や備品を買ったお金を払った」ということを帳簿に付けていきます。毎日の帳簿付けは基本的にこれだけです。

 人を雇っていれば給与の支払い、光熱費や電話代の支払いなど毎月のことは月に一回支払いをして帳簿に付けます。そして、年に一回、確定申告のために必要な帳簿を作って、税金の計算をして、税金の支払いをします

 入ってきたお金、出ていくお金を管理して、そのお金の動きを帳簿に付けて、税金の計算をして支払うのが飲食店の経理です。確定申告は経理の一部です。飲食店の経理は、確定申告のために帳簿をつけるというイメージがありますが、本来は、毎日、毎月のお金の出入りを把握して、無駄な支出を抑えたり、先の予想を立てたりするためのものです。

飲食店の経理に欠かせない会計ソフト

飲食店の経理

 飲食店の経理は確定申告のためだけではないとはいえ、やはり確定申告は気になるところだと思います。

 確定申告を青色申告で65万円の控除を受けるためには複式簿記(ふくしきぼき)という方法で帳簿を作らなければいけません。必要な帳簿は仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳。
 見ただけで、嫌になってしまうような漢字の羅列ですが、会計ソフトを使って毎日の帳簿付けをすれば、勝手に複式簿記で記帳して、青白申告のときに必要な帳簿も勝手に作成してくれます。

 個人事業主で飲食店を開業するのであれば、会計ソフトは1年間で1万円くらいで使えます。有名どころのおすすめ会計ソフトをご紹介します。

会計ソフトでダントツのシェアを誇る弥生。「やよいの青色申告」が個人事業主用で「弥生会計」は法人用です。私も長年愛用してきた会計ソフトです。とっても使いやすくて分かりやすいので、迷ったらこれでいいと思います。

 クラウド会計ソフトのシェアで弥生についで2位なのがMF(マネーフォワード)。MFクラウド確定申告が個人事業主用で、MFクラウド会計は法人用です。私が現在愛用している会計ソフトで、弥生同様、分かりやすく使いやすいです。



 弥生かMF(マネーフォワード)のどちらかを選んでおけば問題ありません。
 飲食店の経理は、会計ソフトがあれば、会計士や税理士に経理を頼まなくても、毎日の帳簿付けから確定申告まで自分一人でできます。

 飲食店を開業する前や、開業しちゃってからも初めての帳簿や確定申告がちゃんとできるか、不安な人も多いと思います。 ここで紹介している会計ソフトを使えば、飲食店の帳簿