当サイトは、実際に小さな飲食店を開業・経営した経験、小さなお店の立ち上げからたずさわった経験などをもとに一個人が書いています。

 全てのことが、すべての人に役に立つわけではないかもしれませんが、何かひとつでも、これから飲食店を開業しようとされている方のお役に立てれば嬉しいです。

飲食店開業までの流れ



  1. 飲食店を開業するには?

     飲食店を開業するために私は3つのことから始めました。
    ▶1つ目は自分の頭の中にある始めたい飲食店の「イメージ」を「計画」にすることです。なんとなくのお店のイメージを書き出して、人にきちんと説明できる計画にしていきます。
    ▶2つ目は飲食店を開業するための方法や情報を集めることです。インターネットや書籍で飲食店を開業するまでの全体の流れを頭に入れて、それをひとつ目の計画に落とし込んでいきます。
    ▶3つ目は、お金を貯めることです。個人が飲食店を始めようとするときに一番気になるところは、やはりお金です。少しでも多くの自己資金を貯めておくことは、飲食店の開業だけにとどまらず、開業後の経営にも大きく影響します。飲食店を始めたいのですが、貯金はありません、では誰からもお金を貸してもらえないのです。
    「飲食店を開業するには?」をもっと見る⇒

  2. 飲食店を開業するのに資金はいくら必要なの?

     飲食店を開業するのに必要な資金は、個人経営の小さな飲食店で1000万〜1500万円と言われています。私の知り合いもだいたいこのくらいの開業資金をかけてお店を始めている人が多いです。
     とは言え、飲食店開業にかける資金額は、本当に人それぞれです。私自身は、一般的な開業資金の半分、500万円で開業しました(運転資金は別です)。どこで開業するのか、どんなお店を始めるのか、どのくらいの規模で始めるのか、どの店舗物件を借りるのかによって、開業資金の額は大きく変わってきます。
     飲食店を開業するのに何にどれくらいのお金がかかるのかを把握して、自分が開業するのに必要な資金の総額の見当が付けば、貯めなければいけない自己資金額が見えてきます。
    「飲食店の開業資金はいくら?」をもっと見る⇒

  3. 飲食店の店舗物件の探し方と内装施工業者の選び方って?

     飲食店の店舗物件は、インターネットで探します。インターネットで見つけた物件はとりあえず、見に行きます。とにかくたくさんの店舗物件を見ることがいい物件を見つける最大のコツです。
     飲食店を開業したい地域がある程度決まっているなら、その地域の不動産屋に行って直接相談するのも、その地域の店舗物件事情、飲食店事情が聞けたりするのでおすすめです。
     納得の行く店舗物件に出会ったら、内装、外装の施工業者を探し、工事の見積もりを出してもらうことになるのですが、この内装等の施工業者の見積もりは、業者によって額がかなり違います。数社から見積もりを取って、自分に合った施工業者を見つけましょう。
     店舗の内装工事費を大幅に抑えることができるのが、居抜き物件です。居抜き物件には居抜き物件の気をつけなければいけないことがあるので、そこをしっかりおさえておけば、掘り出し物に出会えるかもしれません。
    「店舗物件の探し方、内装業者の選び方」をもっと見る⇒

  4. 飲食店の開業資金はどこでどうやって借りるの?

     飲食店の開業資金を借りる(融資してもらう)のが個人の場合(会社じゃなくて)、いわゆる普通の銀行では開業資金を借りることはほとんどできません。個人が飲食店の開業資金を借りるのにもっとも多くの人が利用しているのが、日本政策金融公庫という政府系の金融機関です。
     多くの人が利用していると言っても、必要な開業資金の算出から、日本政策金融公庫の様々な融資制度からの選択、実現性のある開業計画書の作成、融資の担当者との面接など、融資を受けるには乗り越えなければいけない壁がいくつかあります。
     この融資を受けられるかどうかが、飲食店を開業できるかどうかの大きなポイントでもあります。融資のプロがお金を貸せないと判断したときは、開業計画の見直し、自己資金の増額などを考えたほうが良いということかもしれません。
    「開業資金はどうやって借りるの?」をもっと見る⇒

  5. 飲食店開業に必要な資格、開業前の許可と届出

     飲食店を開業するのに必要な資格は”食品衛生責任者”という資格です。保健所で1日の講習を受けると取ることができます。飲食店を開業するのに調理師や栄養士といった資格は必要ありません。
     飲食店を開業する前に”保健所への営業許可”と”消防署への防火管理者の届出”、居酒屋やバーなど深夜0時以降もお酒を売るお店なら”深夜酒類営業の届出”をしておく必要があります。いずれもすぐに許可が降りて営業できるようになるわけではないので、余裕を持って早めに申請、届出をしておきましょう。
    「必要な資格、許可、届出」をもっと見る⇒

  6. 飲食店の広告と集客

     小さな個人経営の飲食店でも、広告での集客はとっても大事です。今はちょと辺鄙な場所で飲食店を開業しても、お店のホームページやSNSなどインターネットを使った広告で、全国からお客さんを呼べる時代です。無料でできるものから有料の広告、ショップカード、チラシ、看板といったアナログな宣伝まで。
    「飲食店の広告と集客」をもっと見る⇒

  7. メニューつくりと仕入れ

     メニューつくりは、飲食店にとって一番の肝です。そのメニューを作る時にポイントになるのが仕入れです。小さな飲食店では、仕入れをあれこれ工夫することが自分の利益に直結します。材料の仕入れから、原価率から盛り付け、提供までの時間、食材の使い回し、食材の保管、管理など、飲食店で美味しい料理を提供するためには考えなければいけないことが意外と多いです。
    「メニューつくりと仕入れ」をもっと見る⇒

     実際にお店で出していた料理のレシピを公開しています。何かひとつでもメニューつくりの参考にちょっとでもなれば幸いです。
    プロレシピブログ 艸SOUの作り方

  8. 飲食店の開業準備、忘れていることはない?

    飲食店の開業準備には小さなやらなければいけないことがたくさんあります。客席のテーブルや椅子、厨房の調理道具、こまごまとした備品を買い揃えたり、メニュー開発したり、メニューの価格を決めたり、ショップカードを作ったり、BGMを考えたり、電話回線にインターネット、アルバイトを雇ったり、そのアルバイトの教育をしたり、、、ひとつひとつこなしていきましょう。
    「開業準備、忘れていることはない?」をもっと見る⇒

  9. 祝!開業!

  10. 飲食店を開業したら税務署への届出と申請

     飲食店を開業したら、税務署に開業届を出したり、青色申告の申請をしたり、家族従業員の給料の届出をしたりしなければいけません。これをしないと損をしたり、手間が増えてしまったりするので開業したら1ヶ月以内に手続きをしてください。
    「税務署への届出と申請」をもっと見る⇒

  11. 飲食店の確定申告って何をどうするの?

     初めて飲食店を開業して個人事業主になったら、ちょっと身構えるのが確定申告です。飲食店の売上から掛かったお金(経費)を引くなどして、納める税金を自分で計算して税務署に申告するのが確定申告です。確かに初めは難しく感じるところもありますが、確定申告の大まかな流れを押さえて、確定申告ソフトを使えば、小さな飲食店の確定申告はそれほど大変なことではありません。
    「飲食店の確定申告」をもっと見る⇒



飲食店開業の基本 まずはここから!



飲食店の経営、確定申告と税金

小さな飲食店にとって効果的な宣伝と広告

もう準備した?開業の必需品

スポンサーリンク